FX 前日の高値と安値を意識する!

トレード手法

今回は「前日の高値と安値を意識する」を簡単に解説致します。

ピボットラインは重要なライン!?

ピボットライン(pivot)は前日の高値と安値を元に算出される重要なラインで、当日意識されやすいラインとして機能することがあります。

私のブログでも毎朝ピボットのレートを記載していますのでチェックしてみて下さい。http://fxfighter-fuuta.link/

 

前日の高値と安値

「前日の高値と安値」が意識されるラインであるのはご存知ですか?

前日の高値と安値もとても重要で、当日の値動きの目安として前日の高値と安値が意識されやすく、前日の高値がレジスタンス(抵抗線)となり、前日の安値がサポート(支持線)になる傾向があります。

デイトレードをしている方は、前日の高値や安値を目安にしてエントリーや決済をしているなんて聞いたこともあります。

では、下の図を見て下さい。

前日の高値、安値ブログ用1改

Aのポイントの場合は、前日の高値を越えられず下落してきた時は、前日の安値が支持線となり反発する傾向があります。

※レンジの場合は前日の高値と安値の間を行き来する傾向もあります。

Bのポイントの場合は、前日の高値を越えてきたため、今度は前日の高値のラインが支持線となり反発して上昇する傾向があります。

※前日の安値を抜けた場合は、前日の安値が抵抗線となり反発して下落する傾向があります。

ピッタリとそのラインで反発しない事もありますが、このように前日の高値や安値を意識していれば、エントリーするための一つの目安とすることが出来ますね!

 

チャートパターンを待ってエントリー

前日の安値でダブルボトムを形成しそうなら「ロング」でエントリー。前日の高値でダブルトップを形成しそうなら「ショート」でエントリーといった感じでエントリーすれば堅いかなと思います。

レンジや保ち合いになる時などは前日の高値と安値の間で推移することもあります。

トレードにおいて、ピボットライン前日の高値や安値等、意識されているライン(水平線)を確認しながらトレードすることが勝つ為にはとても重要になるかなと思います。

他にもピボットライン前日の高値や安値のラインにプラスして、ボリンジャーバンド移動平均線一目均衡表の雲や基準線等も重なっていれば、かなりの反発ポイントになる可能性が高くなると思います。

この様に考えてエントリーポイントを見つけていけば勝つチャンスも増えていきますので、これからはピボットラインや前日の高値や安値を意識してみましょう~!

インジケータ―の商品内には

ピボットラインに前日の高値(High)安値(Low)、始値(Open)と終値(Close)を表示はもちろんの事、このラインにタッチするとアラートがなる機能もついていますのでとても便利です。