FX トレンド目線についての考え方

 

今回はトレンド目線について私の自論をお話しします。
暇つぶし程度に見て下さい(^^)/

 

トレンド目線については色々な考え方があると思います。ツイッター等でも目線は固定しない方がいいんじゃないか等とよく目にします…

 

確かに目線を固定してしまうと、方向性を間違えていてもそれに気づかずに大負けしてしまったり、エントリーできなかったりしてしまいます。
 

でも、逆に目線を固定していないと、方向性を無視して手当たり次第にエントリーしてしまい、結果は往復ビンタを喰らい大負けなんて事にもなりかねません。

じゃーどっちがいいんだよってなりますよね!?

私の個人的な意見としては、往復ビンタを喰らいたくないので、ある程度目線は固定するようにしています。

目線を固定していたとしても、しっかりとトレンドを把握していれば方向性を間違えることはありません。

その為には、トレンド転換するタイミングを早めに気づけるように意識して見ています。

 

当然ですが100%トレンドを察知できるわけではありません。たまにはトレンド転換だと思っても少し早かったり、逆に遅かったりすることもあります。

日足や4時間足など大きな時間軸では下降トレンドだとしても、下位足では一時的に上昇トレンドになることもあります。

スイングなど中期から長期的に保有する方には、一時的な上げや下げについては関係ないかもしれませんが、スキャルピングやデイトレードをしている場合だと、トレードをする上では短期的な動きが凄く重要になってきます。

結論としては、目線を固定するとかしないとかの問題ではなく、トレンドの察知能力を高めれば問題ないんじゃないかなと思うんですよね~(^^)/

色々な意見があるかと思いますが、如何でしょうか!?

いつも応援ありがとうございます。恐縮ですが引き続き宜しくお願い致しますm(__)m