ポンド円 来週のターゲットポイント(2月16日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

【ポンド円】

週足のターゲットポイント

今週は10EMAをサポートに上昇、強い展開で先週の足を包んで良い感じの陽線を付けて143円30付近で引けています。

10EMAが90日線を越えてきていてミドルラインも90日線を越えてきそうなので来週も更に底堅い展開が続きそうです。

ただMACDがデッドクロスしそうなので微妙なところでもありますが抵抗線のトレンドラインも越えてきていますので、週明けは大きな下窓を開けさえしなければ200日線(142円97付近)の上から始まり、200日線をサポートに底堅く上昇してくるのではないかなと見ています。

 

週明けに一旦は200日線(142円97付近)付近まで下落する可能性も考慮しつつ、もし下落してきて200日線付近でサポートされて上昇して143円30付近を越えてきたら流れについていきたいところです。

上のポイントはまずは143円50付近、これを越えてきたら+1σのある143円95から144円00付近、144円台に乗せてきたら144円50付近。ここでは一旦は揉み合う展開も想定。

更に続伸してきたら50刻みで145円00付近、145円50付近、146円00付近、ポンド円だと+2σ付近まで上昇してくる展開もあるかもしれません!?


もし200日線のある143円00付近から142円97付近を割り込んできたら、10EMAのある142円40から35付近、これを割り込んでしまうと90日線とミドルラインがある141円50から141円20付近までの下落に注意したいところです。

もし来週切り返しの展開となり下落して週末引けてくると、再来週が下目線となりそうなので来週末(2月21日の引け)がどうなっているのか楽しみな局面です。

日足のターゲットポイント

日足ではボリンジャーバンドが横ばい状態、木曜日にミドルラインの上に出たので金曜日もミドルラインの上で底堅い展開となり下ひげ長めの陽線をつけています。

三角保ち合いの上限を越えてきて、MACDもゴールデンクロスしていますので、週明けの月曜日も底堅い展開で高値更新を狙ってきそうです。

 

+1σのある143円40付近では若干上値が重そうなので、もしそれを越えられず垂れてきて143円20付近を割り込んできたら、一旦は基準線やミドルライン、10EMAのある143円00付近から142円80付近までの下落に注意、そこから反発して戻してきたら流れに乗って押し目買いを狙いたいところです。


週明けの月曜日にそのまま+1σのある143円40付近を越えて高値を更新してきたら、144円00付近、+2σのある144円15付近までの上昇に期待したいところです。

+2σ付近は一旦は抑えられるかなと見ています。

精度が高い!エントリーがわかりやすい!?

初心者の方、女性の方からも大好評の!?今までになかったインジケータ―

トレンドに強いNEOのサイン!レンジに強いSPのサイン!

これらのサインを他のインジケータ―と組み合わせて使うと!?

エントリーポイントがわかりやすくなります!

資料には使い方や手法が記載!大好評です!

【詳細はこちら】
2年連続売り上げNO.1!!

 

ポンド円の来週の戦略

週明けはの月曜日は143円台で底固めをしてからの上目線で考えています。

そのまま上昇してしまう可能性もありますが、ポンド円は窓開けも結構大きいのでとりあえずは様子見スタートとなりそうです。

もし下げても月曜日と火曜日は押し目買いが入りやすいのかなと見ています。


週足では上に振れ幅がありますが、日足ではボリンジャーバンドがスクイーズしていますので、月曜日は+2σ付近で上値を抑えられて、火曜日以降にエクスパンションして続伸の展開も考えられますね!

とりあえず日足の10EMAを割り込むまでは上目線でどこまで上昇できるのか楽しみです。

では皆さん、良い週末をお過ごしください(^^)/

ドル円の来週のターゲットポイントはこちらに書いてます(^^)/

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★