ポンド円 来週の反発ポイントを見極めろ(3月15日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

1、週足のエントリーの根拠

今週のポンド円も大荒れの展開、下は131円前半から上は137円前半での動きとなっていました。

ポンド円はドル円とは違い反発が弱めで陰線をつけて132円中盤付近で引けていますので、来週戻したしてもドル円程は底堅い展開にならないかもしれません!?

 

金曜日の晩の時点では木曜日の足を包んでいたので、週明けは戻してくる展開もあるのかなと思ってみてましたが、夜中の間に下落していたんですね!!やっぱり先は分からないもんです。。。


こちらもまず週明けは窓開けがどうか様子見スタートになりそうです。

ボリンジャーバンドが下にエクスパンションして、MACDもデッドクロスしてきていますので、今週戻りが弱かったことを考えると来週も戻り売り優勢の展開となりそうです。

ただ安値を更新してくるのかは微妙なところです。


上のポイントは-2σのある135円中盤付近が上値目処となりそうで、-2σを越えてくれば136円30付近、今週の高値の137円前半が目標となりそうです。


下のポイントは132円50付近、これを割り込んできたら132円00付近、131円35付近、これを割り込んできたら安値更新に注意、次に130円30付近や130円00付近が下値目処となりそうです。


来週は上は-2σから下は-3σ付近の間での動きを意識したいところです。※週明けに-2σのレートは確認して下さい。

 

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

2、日足のエントリーの根拠

金曜日は木曜日の安値を更新することなく戻りを試す展開、ただ木曜日の高値付近では売りが出てその後は売りに押される展開、上ひげのある陽線を付けています。

かなり下落し続けていますのでそろそろ反転しても良さそうですが、足の形成的に考えるともう一度下落して反転のサインが出てからになるのかなと見ています。

 

週明けの月曜日は一旦は売りに警戒、132円25付近を割り込んできたら131円中盤付近までの下落に注意、


週明けに上昇して133円台に乗せてきたら戻りを試す展開をイメージ、133円後半付近では戻り売りの様子を見たいところです。


月曜日は下は131円中盤付近から上は133円後半までの動きを意識したいところです。

3、私が使っているインジケーター

レンジに強いSPトレンドに強いNEO

私が動画等でも使っている便利なインジケーター数々!!
資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

4、ポンド円の来週の戦略

週明けはまずは窓開けがどうなるか様子見!そのまま戻してくるのか下落してくるのか様子を見てからの展開となりそうです。

金曜日の終値の132円75付近を意識して、そこから上に行けば戻りを試す展開、132円75付近から下に向かえば一旦は下落に注意したいところです。

 

ポンド円は戻りが弱かったことを考えると経済的な不安があるのかもしれませんね!?


来週も乱高下してきそうで、リスクの高い相場ですので方向感が出るまでは逆張りは注意!

目先の流れに合わせてエントリーと決済をコツコツと!市場が始まる時の動きには逆らわない様にして、少し落ち着いた時の動きに合わせてエントリーするように意識しましょう!


では皆さん、良い週末をお過ごし下さい(^^)/

 

5、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろ」は更新したらこちらにアップします!



★★★二周年記念!!大好評販売中★★★