ポンド円 来週の反発ポイントを見極めろ(3月8日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

1、週足のエントリーの根拠

今週は-2σの下から始まりましたが底堅い展開で基準線付近まで上昇、その後は売りに押されて-2σの下の137円47付近で引けています。

安値圏で陽線のトンカチが確定(高値圏であれば売りサインなんですが)やはり来週も戻り売り優勢の展開となりそうです。

ただ137円から136円中盤付近では底堅い展開で反発してきていますので、一旦は週明けに上に戻してくるのか、再び下落するのか様子見したいところです。

 

週明けに-2σの上から始まれば-2σがサポートとなり戻りを試す展開をイメージ。137円50から60付近を越えてきたら138円付近までの上昇に期待!

ただ雲の上限のある138円付近では戻り売りに注意、もし138円に乗せてきたらその流れについて行く感じで、今週の高値の139円付近から139円前半付近では戻り売りに注意したいところです。


もし137円00付近を割り込んできたら今週の安値の136円50から40付近、反発が弱ければ安値更新に注意して、136円00付近や135円80付近まで。

MACDがデッドクロスしてきていて、ボリンジャーバンドがエクスパンションしそうなので、ポイント付近まで下落後に反発が弱ければ売りに注意しましょう!

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

2、日足のエントリーの根拠

日足を見ると金曜日に-2σ付近でサポートされて反発、下ひげ長めで陰線ではありますがトンボのローソク足が形成していますので反転してきそうです。

ただ上にある200日線(137円60付近)を越えてくるまでは売られる可能性もありますので注意したいところです。

もし200日線(137円60付近)を越えてきたら金曜日の高値の137円70付近、次に138円00付近まで。もし138円台に乗せてきたら138円10付近、138円40付近、138円80付近が上値目処となりそうです。

 

もし200日線(137円60付近)付近で上値が重く垂れてきたら下落に注意、137円20付近、137円00付近、136円95付近、これを割り込んできたら136円40付近や、週明けに-2σ付近になるであろう136円30から25付近まで。

RCIの短期線がゴールデンクロスしてきそうなのでかな!?

3、来週の反発ポイント

【戻り売りポイント】
137円60付近
138円00付近

【押し目買いポイント】
137円00付近
136円30付近

4、今までになかったインジケーター

レンジに強いSPトレンドに強いNEO
私が動画等でも使っている便利なインジケーター数々!!
資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

5、ポンド円の来週の戦略

来週のポンド円は、窓開けも影響するとは思いますが4時間足で見るとダイバージェンスして反発してきていますので、一旦は戻りを試す展開をイメージしています。

ただ状況が状況なので大きく戻してくるのかは微妙なところで、イギリスでも新型ウィルスの感染者が出てきていますので、これからイギリス経済への影響が懸念されてポンド円も大きく下落してくる可能性も考えられます。

あと週足で見ると来週はかなり分岐点になるのかなといった感じに見えます。一旦は反転に向かうのか、更に安値を更新して大きく下落してくるのか!?

来週も大きく動きそうなので急な値動きには注意ですね!!

では皆さん、良い週末をお過ごし下さい(^^)/

6、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円の来週の反発ポイントを見極めろ」はこちら!



★★★二周年記念!!大好評販売中★★★