ポンド円 反発ポイントを見極めろ(3月10日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

1、ポンド円の狙いたい反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、134円35から40付近
2、134円75付近
3、135円00付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
133円77付近

【押し目買いポイント】
1、134円00付近
2、133円70付近
3、133円35付近


今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

2、日足のエントリーの根拠

昨日はポンド円もドル円と同じ感じに乱高下してましたね!上は136円後半から下は132円中盤付近までの動きで、下ひげ長めで陰線となり、今朝は134円08付近で推移しています。

本日は安値を切り上げてきたので普通なら一旦は戻りを試す展開となりそうな感じですが世界経済への影響が出始めていますので注意が必要です。

目先の動きとして134円36から40付近を越えてきたら戻りを試す展開、135円00付近、135円30付近、135円80付近

もし134円00を割り込んできたら133円80付近、133円70付近、ここではサポートされる可能性がありますので下げ渋っていたら反転に注意、もし133円70付近を割り込んできたら133円25付近、133円00付近、132円85付近、132円50付近

日足ですと値幅もありますのでポイントだけおさえて、目先の動きは下位足で確認!

3、4時間足のエントリーの根拠

4時間足だと、値幅はありますが安値保ち合いの状況が続いていて、MACDがダイバージェンスをおこしていますが反発が微妙なところです。

ボリンジャーバンドの-2σ内に入ってきたので一旦は下落も落ち着きそうで…

この後134円00を割り込んできたら133円70付近、ここはネックラインになっていますので下げ渋る可能性もあり。次は-2σのある133円35付近、ここではサポートされるのか様子見。もし売りが強ければ133円00付近から132円90付近までの下落に注意。

上は134円40付近を越えてきたら10EMAのある135円付近までの戻りを試す展開をイメージ!134円65付近や134円85付近、135円00付近まで。

 

4、今までになかったインジケーター

レンジに強いSPトレンドに強いNEO
私が動画等でも使っているインジケーター!
資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

5、ポンド円の本日の戦略

本日は、60分足がスクイーズしていますので上値が重そうですが下も底堅そうな展開になりそうです。

東京時間はゴトー日で下げ渋る展開でもしかしたら上に行く可能性もありそうです。ただ戻り売りには注意して、欧州時間が始まる頃の動きには注意したいところです。

昨晩のNYダウは-2000ドル下落しており、その影響が東京市場にも出そうです。ただ下げて始まれば寄り底になる可能性もあり、朝一にドル円は下落するかもしれませんが、その後はじり上げだとしても反転してくるかもしれません!?

本日もしっかりとポイントを意識して、しっかりと引き付けてのエントリーがいいと思います。

あと昨日はスプレッドがやたら開いていましたのでそういう時は無理せずに様子見、こういう相場が初経験の方はチャートの動きを勉強しておきましょう!

では皆さん、本日も慎重にがんばりましょう~宜しくお願い致します(^^)/

6、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル開設

ドル円とポンド円この後の展開、更新したらこちらにアップします!



★★★二周年記念!!大好評販売中★★★