ポンド円 来週の反発ポイントを見極めろ(3月22日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

1、週足のエントリーの根拠

今週は、123円後半から132円後半付近までのかなり値幅のある動きとなっていましたが、売りも強かった半面反発も強かった感じでした。

直近の安値の126円30付近を更新した時はどうなるのかなと思いましたが、下ひげを出して何とか踏みとどまったようで、来週は戻りを試す展開に期待したいところです。

ボリンジャーバンドが下にエクスパンション、下ひげは出ていますが陰線となっていますので来週もある程度は戻したところでは売りが出そうです。

目先の動きとしては-3σを越えてくるのかがポイントで、ちょうど-3σの少し下の128円60付近で引けていますので…

下窓を開けてきても-3σを越えてくれば戻り目線、-3σの上から始まれば-3σ付近をサポートに戻り目線。

今週は上は-2σが抵抗線となっていたので、来週は-3σと-2σの間での動きを意識したいところです。

もし-2σを越えてきたら一目均衡表の雲の下限がある134円00付近や勢いが強まれば135円中盤付近まで戻してくる可能性もありそうです!?

週明けには移動平均線やボリンジャーバンドの位置がかなりずれてくると思いますので、-2σや-3σのレートを確認して下さい。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

2、日足のエントリーの根拠

日足で見ると、金曜日は勢いよく戻して10EMAも越えていたので来週はドル円同様にあっさり戻してくるのかなと思ってみていましたが、まさかの128円中盤付近まで押し戻されて引けています。

かなり上ひげの長い陽線を付けていますので売りが強い状況ですが、週末の金曜日ということもあったのでリスク回避の動きになったのかもしれません!?

まずは窓開けが気になるところですが…

陽線が二本続いてますので週明けの月曜日は戻りを試す展開に期待したいところです。

ただ60分足で見ると下窓開けてくるか、もしくは下落してから128円前半付近、または127円前半付近までの下落した後からの反発になる可能性が高そうに見えます!?

週明けの月曜日は一旦は下目線で128円30付近、これを割り込んできたら下落に注意して、128円00付近、127円80付近、127円30付近、なるべく引き付けて押し目を拾う展開で考えています。

もし上昇して129円台に乗せてきたら戻りを試す展開になりそうで、まずは-1σのある129円後半付近、次に10EMAのある130円中盤付近、10EMAを越えてきたら勢いが増しそうで、金曜日の高値の132円前半付近が目標となりそうです。

132円前半を越えてきたら134円前半まで!

 

3、私が使っているインジケーター

レンジに強いSPトレンドに強いNEO
私が動画等でも使っている便利なインジケーター数々!!
資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

4、ポンド円の来週の戦略

来週は、一旦は下落するかもしれませんが、ポイント付近ではサポートされて押し目買い優勢の展開となり、戻りを試す展開をイメージしています。

 

ポンド円は窓開けがかなりありますのでこの様な例外的な相場での読みが難しいですが…

下窓を開けて下げて始まればそのまま戻してきそうで、上げてきたら一旦は下落してからの押し目買い狙いでいきたいなと考えています。

ポイントを意識して、ここを越えてきたら上、ここを越えるまでは下といった感じで考えるといいかなと思います。

そのポイントが的確になってくれば、ポンド円の大きな流れに合わせることも出来るし柔軟な目線が構築出来るのかなと思っています。

では皆さん、良い週末をお過ごし下さい(^^)/

 

5、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろ」は更新したらこちらにアップします!



★★★二周年記念!!大好評販売中★★★