ポンド円 反発ポイントを見極めろ(3月26日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

1、ポンド円の狙いたい反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、131円00付近
2、131円25付近
3、131円50付近

【ピボットライン】
※意識されやすいライン。

131円77付近

【押し目買いポイント】
1、130円50付近
2、130円00付近
3、129円85付近

【フィボナッチポイント】

23.6%が131円13付近
38.2%が129円74付近
50%が 128円61付近
61.8%が127円48付近


今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

 

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle

2、日足のエントリーの根拠

昨日は10EMAを越えてミドルライン付近まで上昇、その後は戻り売りに押されたものの130円付近で反発、今朝は131円後半付近で推移しています。

本日は10EMAとミドルラインの間で始まっていますので、下は10EMA付近から上はミドルラインの間での動きを意識。

もう既に下落し始めていますので10EMAのある131円00付近から130円80付近にタッチした後に反発してくるか様子をみたいところです。※チャートのレートに誤差があります。

 

日足のポイントは!?

下は131円00付近、10EMAのある130円80付近。もしここを割り込んでしまったら130円00付近や129円80付近までの下落に注意したいところです。

上は132円00付近、132円25付近、ミドルラインのある132円90付近。この付近では戻り売りに注意したいところです。

 

3、4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドが上にエクスパンション出来ずに反落、朝の時点で10EMA付近まで下落していて反発も弱いので、一旦は下落に注意したいところです。

下には一目均衡表の厚い雲の上限がありますので、まず雲の上限付近で反発するのかどうか?反発してこなければミドルラインと支持線のトレンドラインがある付近までの下落に注意したいところです。

4時間足のポイントは!?

下は、10EMAのある131円10から00付近、雲の上限がある130円53付近、支持線のトレンドラインがある130円10から00付近、昨日はこの付近でかなり反発していたので130円付近では反発があるか様子見。もし割り込んでもミドルラインがある129円85付近で反発があるか様子をみたいところです。

上は131円45付近、90日線のある131円90から95付近

本日は三角保ち合いの中での動きを意識したいところです。

 

4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSPトレンドに強いNEO
私が動画等でも使っているインジケーター!
資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

5、ポンド円の本日の戦略

本日は、一旦は下落に注意して東京時間の仲値以降に戻してきたらその流れについていきたいところです。

 

60分足で見てもある程度値幅が限定されそうな感じですので、60分足の-2σ(130円50付近)や-3σ(129円90付近)、上はミドルラインのある付近を意識して横ばいの展開をイメージ。

一応高値を切り下げてきたので下落に注意しつつ、もし昨日の安値の130円から129円85付近を更新してきたら逆張りには注意したいところです。

 

では皆さん、本日も慎重にがんばりましょう~宜しくお願い致します(^^)/

6、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円 この後の展開」は更新したらこちらにアップします!


近所の改修工事の騒音の為、当面は17時以降のアップになりそうです。


★★★二周年記念!!大好評販売中★★★