ポンド円 来週のターゲットポイント(2月9日分)

ポンド円毎朝のテクニカル分析

【ポンド円】

週足のターゲットポイント

今週は200日線のすぐ下付近からスタートしましたが200日線を越えることができずに反落、ミドルライン付近で少し反発して陰線が確定し141円55付近で引けています。

高値を切り下げてきた形となり、MACDやストキャスティクスもデッドクロスしてきていますので一旦は下落に向かう可能性が高そうです。

ただミドルラインでは踏ん張る可能性もまだありますのでミドルラインを軸に上か下かを判断したいところです。

 

ミドルラインのある140円80付近でサポートされていれば上目線継続、90日線のある141円55付近や10EMAのある142円付近が上値目処となりそうです。

ミドルラインから10EMAの間での動きを意識したいところです。

 

もしミドルラインのある140円80付近を割り込んできたら、140円00や139円50139円00等のラウンドナンバー付近も意識しつつ、売りが強いと雲の上限がある138円中盤付近までの下落に注意したいところです。

もし上窓を開けて90日線(141円55付近)の上から始まれば10EMA(142円付近)もあっさり越えてくる可能性もありそうで…

そうなれば200日線のある142円後半付近や今週の高値の143円40付近を目指す展開になりそうです!?※週足ベース。

日足のターゲットポイント

ボリンジャーバンドがスクイーズから下にエクスパンションしそうで…。

二回ほど-2σ付近から反発するもミドルライン付近で押し戻されてきていますので、そろそろ下抜けに注意したい局面です。

ただ90日線が上向きで141円付近にありますのでまだサポートされる可能性も残されていて…

 

週明けの月曜日に下落した後、90日線のある141円00から140円85付近でサポートされて下ひげを出して反発してくれば下降三角型での横ばいの展開。

週明けの月曜日にそのまま戻してきたら三角保ち合いの下限からの反発となり、再び三角保ち合いの上限を目指す展開となりそうです。

 

上のポイントはまずは142円00のラウンドナンバー付近、次は10EMA(142円前半)、これを越えてきたらミドルライン(142円80)付近が目標となりそうです。

売りが強く90日線(141円00から140円85付近)を割り込んできたら売りが加速しそうなので逆張り注意!

140円00付近139円25付近が反発ポイントになりそうです。

精度が高い!エントリーがわかりやすい!?

初心者の方、女性の方からも大好評の!?今までになかったインジケータ―

トレンドに強いNEOのサイン!レンジに強いSPのサイン!

これらのサインを他のインジケータ―と組み合わせて使うと!?

エントリーポイントがわかりやすくなります!

資料には使い方や手法が記載!大好評です!

【詳細はこちら】
2年連続売り上げNO.1!!

 

ポンド円の来週の戦略

週明けはの月曜日は一旦は下落に注意したいところで、どこまで下げるのか、下げた後反発してくるのかといった展開となりそうです。

 

じり下げの弱い展開になったら逆張りに注意して、ポイント付近で反発してきたら戻りを試す展開にシフトするイメージでいいかなと思います。

 

ポンド円はトレンドが続くと流れが継続しやすいので、しっかりと下位足(1分足から15吹分足)で反転のシグナルが出るまでは注意ですね!!

では皆さん、良い週末をお過ごしください(^^)/

ドル円の来週のターゲットポイントはこちらに書いてます(^^)/

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★