【FX】ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月12日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

日足の方向性とレジサポ

■日足だと、今朝はミドルラインの上からのスタートで一旦は上昇中ですが、MACDがデッドクロスしていますので本日は上昇しても上値ポイントでは戻り売りに注意したいところです。

ミドルラインのある139円20付近、ここを割り込んできたら「横ばいから下目線」にシフトして攻めたいところです。ファンダ的に考えると特に売り要因もないためそれほど下げない可能性もありそうです。東京勢の反応を見てからになりそうです。

 

日足の上値ポイント

10EMAのある139円40付近、139円50付近、139円80付近、139円90付近、140円00付近

 

日足の下値ポイント

ミドルラインのある139円20付近、139円00付近、138円80付近、138円50付近まで。

 

ドル円、ピボット
■139円30付近

 

 

 

【4時間足チャート】

 

 

【60分足チャート】

 

ドル円の東京時間の戦略

■総合的に考えると、日足だと朝一はミドルラインをサポートに上昇していますが、MACDがデッドクロスしていますので上昇しても上値ポイントでは戻り売りに注意したいところです。ミドルラインのある139円20付近を割り込んできたら「横ばいから下目線」にシフトして戻り売り狙い

4時間足だと、朝の状況だと切り返しの展開になってきていますが、139円50付近にはミドルライン、下降チャネルの上限など抵抗線が多数ありますので上値が重そうですので、139円50付近を超えるまでは「横ばいから下目線」よりでみています。東京勢の反応次第になりそうですね!

60分足だと、7時台のローソク足が下ひげ陽線で確定し、8時台のローソク足がミドルラインの上に乗せてきていますので「上昇に向かいそう」ですが、4時間足の抵抗線を超えることができるか!?

上位足では上下まちまちで方向感がでにくそうで「横ばいのレンジ」になるかなと考えています。

目先のネックラインが上が139円50付近、下が139円40付近になっていて、このどちらかを超えた方についていくイメージで考えています。

139円50付近を超えてきたら一旦は戻りを試す展開、139円65から70付近、139円80付近、139円90付近、140円00付近まで。上昇しても上値ポイントでは戻り売りに注意、特にNY時間に注意ですね!

139円40付近を割り込んできたら戻り売り狙いで139円30付近、60分足の-2σのある139円25から20付近、-3σのある139円10付近、139円05から00付近。この当たりは一旦サポートされるか様子見。反発が弱ければその後は138円85から80付近を目指す展開になるかもです。

東京時間は下げてもそれ程売り込まれないんじゃないかなとみていますがどうなるか!?私は個人的には「横ばいから下目線」よりで考えています。

※毎朝7時半前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

こちらではリアルタイムでのツイートでFX情報発信もしております!
【Twitter】 ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

 

 

 

2、ドル円 絶好のエントリーポイント

上値ポイント ※レジスタンスライン

139円50付近、139円65から70付近、139円80付近、139円90付近、140円00付近

 

下値ポイント ※サポートライン

139円40付近、139円30付近、139円25から20付近、139円10付近、139円05から00付近、138円85から80付近

 

 

 

 

 

3、本日の注目!☆3つの重要経済指標」

 

オーストラリアが休場

特になし

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら


 

4、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

5、ポンド円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

日足の方向性とレジサポ

■日足だと、週末の金曜日に上昇してボリンジャーバンドの+2σ付近まで、上ひげもなしで更に高値更新しそうな勢いで「横ばいから上目線」ですが、ボリンジャーバンドの+2σのある175円65付近が一旦は抵抗線となって調整する展開になる可能性があります。

一旦は下落に注意して下値ポイントのどこでサポートされて反転してくるか模索する展開をイメージしています。

 

日足の上値ポイント

175円65から70付近、176円00付近

 

日足の下値ポイント

175円05から00付近、174円70付近、174円50付近

 

ポンド円、ピボット
■175円07付近

 

 

 

【4時間足チャート】

 

 

【60分足チャート】

 

ポンド円の東京時間の戦略

■日足だと「横ばいから上目線」ですが、ボリンジャーバンドの+2σのある175円65付近が一旦は抵抗線となって調整する展開になる可能性がありますので東京時間は「横ばいから下目線」どこでサポートされて反転してくるか模索する展開

4時間足だと、ボリンジャーバンドと移動平均線が上向きで買い優勢の展開、バンドウォーク中でもありますので「横ばいから上目線」、今の4時間足が下げそうなのでバンドウォークの下限のある175円05から00付近、174円90付近でサポートされるか注目です。10時の切り替わりの足に注目です。

60分足だと、ボリンジャーバンドがスクイーズしそうでレンジになりそうで、8時の時点だと10EMAの上に位置していますが、7時台のローソク足が上ひげ陰線が確定していますので若干下目線より、やはり東京時間は一旦は調整の展開か!?

総合的に考えると、上位足では「横ばいから上目線」ですが、東京時間は一旦は調整が入りそうなので目先は下目線より、上位足が上目線なので押し目買いを模索する展開になりそうですので、下落し始めても下げ渋る可能性もあります。なので戻り売り狙いで入っても下げないなと感じたらすぐに決済で逃げましょう。

60分足の10EMAのある175円30付近を割り込んできたら、ミドルラインのある175円20付近、175円05から00付近、ここはまずは押し目ポイントになりそうですので様子見、もし割り込んでも174円90付近、174円85から80付近で反発してくればその後は押し目買いになるか注目です。

下値ポイントから上昇してきて175円35付近を超えてきたら、175円50から55付近、日足の+2σのある175円65から70付近まで。ここでも売りがでないようであれば175円80付近、176円00付近まで。

高値更新はドル円が上値が重そうなので、ドル円との連動性を考えても欧州時間以降になるかなと考えています。

 

※毎朝7時半前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

こちらのYouTubeでは動画、ライブ配信などのFX情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx

 

 

 

6、ポンド円 絶好のエントリーポイント

上値ポイント ※レジスタンスライン

175円35付近、175円50から55付近、175円65から70付近、175円80付近、176円00付近

 

下値ポイント ※サポートライン

175円30付近、175円20付近、175円05から00付近、174円90付近、174円85から80付近

 

 

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

 

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】 

 

 

7、【YouTube】スキャトレふうたFX大学 本日のおすすめ動画