【FX】ドル円とポンド円、絶好の反発ポイントを見極めろ(7月20日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

本日の方向性

・昨日は日銀の金融緩和策継続でドル円買い戻しの展開、日足の10EMAのある140円付近まで上昇後は戻り売りとなり139円中盤で推移しています。

本日も買戻しの流れが継続するか注目で、「横ばいから上目線」よりで下げても底堅くはなりやすいかなと考えていますが、10EMAのある140円00付近では戻り売り待ちがあり上値が重そうなので、東京時間は139円中盤から後半でのレンジの展開、NY時間に流れが変わるか注目です。

日足の上値ポイントは、139円95から140円00付近、140円20付近、140円50付近、141円00付近
日足の下値ポイントは、139円45付近、139円15付近、139円00付近、138円80付近、138円45付近

 

 

【4時間足チャート】

 

東京時間の戦略

・ファンダメンタルズ的には、東京時間は ⇒ 日銀総裁の緩和修正に否定的な見解で円売り継続 ⇒ 139円台を回復すると円売りはそのまま継続 ⇒ ドル買いが優勢 ⇒ 英消費者物価指数が予想以上の鈍化となりポンドドルが急落 ⇒ その流れ(相反性)でドル円も更に続伸して140円付近まで ⇒ 買戻しが優勢

・日足だと、本日も買戻しの流れが継続するか注目で、「横ばいから上目線」よりで下げても底堅くはなりやすいかなと考えていますが東京時間は139円中盤から後半でのレンジの展開

・4時間足だと、上昇後の高止まりの状況、ボリンジャーバンドの+1σや10EMAのある139円40付近をサポートに上昇してくるか注目、ただ139円80付近、140円00付近は上値が重そうです。

・60分足だと、ボリンジャーバンドがスクイーズ状態で横ばいで推移していて方向感に欠ける展開、10EMAがミドルラインをデッドクロスしそうで8時台に垂れてしまうと下目線より、上昇してくれば+2σのある139円95付近を目指す展開、8時15分時点だと上昇しそうな感じです。

 

・総合的には、上位足では「横ばいから上目線」より、どこまで買戻しが継続するのか注目の局面です。

日足の10EMAのある140円00付近が抵抗線になりそうで、下が139円40付近がサポートになりそうで、この中でのレンジの展開になるか?140円台に乗せていけるのか?

139円60付近でサポートされて上昇してきたら139円77から80付近、139円95付近、140円00付近、この付近では戻り売りが出るか様子見、あまり売りが出なければじり上げになる可能性もありそうで、そうなったら140円10付近、ちょっと140円を超えてもこの辺も戻り売りに注意、140円20付近、140円50付近まで。

139円60付近を割り込んできたら139円50付近、139円40付近、ここを割り込んできたらロングは注意して、139円15付近、139円00付近、この辺ではおそらくサポートされそうかなとみています。その後反発が弱ければ138円85から80付近、138円60付近

 

ポンド円は書いたらアップしますね!!

 

※毎朝7時半前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

 

 

【反転反発ポイント】
上値ポイント、139円77から80付近、139円95付近、140円00付近、140円10付近、140円20付近、140円50付近
下値ポイント、139円60付近、139円50付近、139円40付近、139円15付近、139円00付近、138円85から80付近、138円60付近

 

 

【本日の注目!重要経済指標】重要度☆☆☆

特になし
★3つではないですが21:30と23:00に米国の指標があります!

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら


【60分足チャート】

 

2、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

3、ポンド円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

本日の方向性

・ポンド円は昨日は戻り売り優勢の展開、ここ数日高値を切り下げ、安値も更新していますので本日も「横ばいから下目線」より、ただ昨日と同様に上昇してから戻り売りが始まるのか?今日はすんなり下落に向かうのか悩みどころです。

日足だと上向きの基準線(180円50付近)に乗せていますのでここでサポートされていれば上目線よりで戻りを試してからどこで売りが再開するのか様子見展開

180円50付近を割り込んできたら売り優勢になりそうで昨日の安値付近、欧州時間以降は安値更新もありそうです。

日足の上値ポイントは、180円80付近、181円00付近、181円15付近、181円30付近
日足の下値ポイントは、180円60から50付近、180円40付近、180円00付近、179円45付近、179円00付近

 

 

【4時間足チャート】

 

東京時間の戦略

・日足だと、陰線が連続していて「横ばいから下目線」よりで見ていますが、東京時間は上向きの基準線(180円50付近)に乗せていますのでここでサポートされていれば上目線よりで戻りを試してから、上値ポイントのどこで戻り売りが再開するのか様子見展開

・4時間足だと、ボリンジャーバンドの-3σから反発して陽線が確定していますので、今の4時足は上に行こうとしそうですので+1σのある180円70付近、10EMAのある180円80付近が抵抗線になりそうで買い戻しが強まるのか?目先は買戻し優勢な展開ですが、全体的な流れは「横ばいから下目線」よりで見ています。

・60分足だと、ボリンジャーバンドがスクイーズしていて横ばいで方向感に欠ける展開、上が基準線(180円75付近)、下が10EMA(180円60付近)の間でどちらに振れるかという状況です。日足と4時間足を優位に考えれば「横ばいから上目線」で上に突き抜けてくるのか??

・総合的には、「横ばいから下目線」ですが、目先は戻りを試しそう(上昇)でショートは様子見、どこまでどこまで上昇してから戻り売りが始まるのか戻り売りポイントを摸索する展開、ロングができるか?昨日の展開をイメージして攻めたいところです。

目先は180円60付近でサポートされていれば上目線で押し目買い狙い、180円70から75付近を超えてきたら180円80付近、181円00付近、この辺では上値が重くなるか様子見、もし超えてきたら181円15付近、181円30付近まで。

上値ポイントから垂れてきて180円60付近を割り込んできたら売り優勢になりそうで、4時間足の-2σのある180円30から25付近、180円00付近、179円90から85付近、179円50付近まで。

仲値まで上昇後、4時間足のローソク足の形成に注目しておくといいかなと思います。

 

 

こちらでもFXの情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx
【Twitter】スキャトレふうた ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

 

※このブログ内でも「FXトレードの基礎」について解説している記事があります。
https://fx-fuuta.com/category/fx-trade-mind/

 

 

 

【反転反発ポイント】
上値ポイント、180円70から75付近、180円80付近、181円00付近、181円15付近、181円30付近
下値ポイント、180円60付近、180円30から25付近、180円00付近、179円90から85付近、179円50付近

 

 

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】 

【60分足チャート】

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学

平日17時からドル円とポンド円リアルトレードライブ配信をやっています。良かったら観に来てください!テクニカル分析を習得して一緒に頑張りましょ~!

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学のご視聴はこちら