【FX】ドル円とポンド円、絶好の反発ポイントを見極めろ(12月18日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

【4時間足チャート】

 

東京時間の戦略

ファンダメンタルズ予想 ⇒ 米国、英国、欧州と各国の政策金利が出揃い今後の流れが決まった感じ! ⇒ インフレが収まってきたので来年は各国の利下げに向かう様子 ⇒ 今までの円安が落ち着いて今後はどこまで円高が進むか注目の局面 ⇒ 12月相場で大口さんもお休みに入っている方も多数いる中でクリスマスが終わるまでは横ばいの展開も ⇒ 基本はドル売り円高の流れが継続するか注目です。

 

・日足チャート ⇒ 全体的には下降トレンド中ですが、週末の金曜日に安値を切り上げて陽線が確定していますので底堅くなる可能性もあり若干「横ばいから上目線」より、ただ上値も重かったことを考えると上昇しても戻り売りには注意したいところです。

特にドル買いが強まる流れにはなっていませんので下落した分の買戻し程度で考えていますので、上値ポイントで上値が重く垂れてきたら戻り売りに注意!

 

・4時間足チャート ⇒ 安値を切り上げて上昇三角になっていて上昇したそうな感じですが、10EMAのある142円30付近をしっかり超えていけないと「横ばいから上目線」にはなり辛そうで、目先は上が142円30付近、下が142円00付近、これを抜けた方についていくイメージで考えています。

注意なのが上抜けした場合、142円35付近、142円40から45付近まで上昇しても押し戻されてくる可能性がありますので8時半から9時の東京勢が入ってきてからの方向性で判断した方が無難かなと考えています。

 

・60分足チャート ⇒ ボリンジャーバンドが横ばいでレンジの状況、朝の時点だとミドルラインで反発していますのでそのまま上限を超えていけるかどうか?「横ばいから上目線」より、8時を過ぎてから142円35付近まで上昇しましたがそこからは上がれず売りも出ていますので、上限下限をしっかり意識して攻めたいところです。

レンジの上限が142円45付近、中間が141円96付近、下限が141円55から45付近

・本日のドル円予想 ⇒ 朝の時点だと上位足が「横ばいから上目線」よりで東京時間は戻りを試しそうな状況です。ただ東京勢が入ってこないと流れが決まらないので日足で下降トレンド中、4時間足でも10EMAをしっかり超えていけないと上値が重い展開になりそうなのでロングもコツコツがいいかなと考えています。

上昇の場合は4時間足の10EMAのある142円30から35付近、ここを超えてきたらレンジの上限のある142円45付近、この辺が重要であと4時間足が変わる11時にどこまで上昇しているのか?10EMAを超えているのかも注目です。

もし買い戻しが強まり142円45付近も超えてきたら142円57付近、142円65から70付近、142円80付近、4時間足のミドルラインのある143円00付近まで。もしこの辺まで上昇していた場合は4時間足が変わってから戻り売りが出始めるかもしれません。

下落した場合は142円18付近を割り込んできたら要注意、142円10付近、142円00付近、141円95付近、ここを割り込んできたら売り優勢になる可能性。141円80から75付近、141円60付近、141円50付近、レンジの下限の141円45から40付近。

個人的にですが、朝の時点だと買戻しっぽいですがドル買いになる要素が乏しいので売りが始まったら戻り売りで攻めようかなと考えています。ロングをする場合は東京勢の反応を見てから決めます。

 

ポンド円は書いたらすぐにアップしておきますね!9時までには間に合わせます。

 

※毎朝8時前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

 

 

【ドル円、本日の予想レンジ】
上値ポイント142円35付近、142円45付近、142円57付近、142円65から70付近、142円80付近、143円00付近
下値ポイント142円18付近、142円10付近、142円00付近、141円95付近、141円80から75付近、141円60付近、141円50付近、141円45から40付近

 

 

■私の書籍が9月26日に発売されました!「億トレーダースキャトレふうたのFXバイブル

 

 

【本日の注目!重要経済指標】重要度☆☆☆

特になし
★2つですが24:00などに米国の指標があります。

 

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら

 

 

 

【60分足チャート】

 

 

2、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

3、ポンド円 本日の相場分析

【日足チャート】

 

【4時間足チャート】

 

東京時間の戦略

※ポンド円は書き終えたらアップしておきますね!なるべく9時までには書き終えます。

・日足チャート ⇒ ポンド円は週末の金曜日に買戻しが強まりました戻り売りも強く陰線が確定、本日は東京時間ドル円の買い戻しがあれば一旦は連動して買戻しが入りそうですが上値が重くなるのではないかなとみています。

全体的には下降トレンド中で「横ばいから下目線」、安値圏でもありますので下げ渋る可能性もありますので4時間足、60分足を見て慎重に攻めましょう。

 

・4時間足チャート ⇒ ミドルラインまで上昇後に戻り売りが優勢でフィボナッチの50%付近で踏ん張っています。このまま上昇が強まると安値切り上げになってしまうのでそう考えると142円中盤付近では上値が重くなる可能性もあります。

まずは180円55付近、10EMAのある180円70付近この辺が上値ポイントで、180円を割り込んできたら売り再開となりそうです。

 

・60分足チャート ⇒ ボリンジャーバンドと移動平均線が下向きでじり下げ展開、NY時間は横ばいの安値保ち合いの状況で引けていますが、朝の下落でボリンジャーバンドの-2σ付近で反発、7時台は下ひげ陽線で確定していますので8時台は底堅く戻りを試していますので10EMAのある180円35付近を超えてきたらミドルライン、抵抗線のトレンドラインのある180円60付近を目指す展開となりそうです、

全体的には下降トレンド中でポンド円はドル円より上値が重そうなので時間軸が変わったら流れが変わる可能性に注意しておきましょう。ただ下げても179円80付近でサポートされてしまいそう。

 

・本日のポンド円予想 ⇒ 東京時間はドル円との連動性を考えるとドル円が戻りを試しているのでポンド円も底堅く上昇よりになる可能性もありそうです。ただポンド円は抵抗線が多数ありますので上値が重かったらドル円の売りが始まった時には注意しておきましょう。

まずは60分足の10EMAのある180円35付近、ここを超えてきたら一旦は戻りを試す展開で180円50付近、180円60付近まで、突き抜けても4時間足の10EMAのある180円70付近まで。4時間足が11時に変わってからの動向に注意しておきましょう。この先は下に記載しておきます。

下は180円20から18付近を割り込んできたら売りになるか、180円05から00付近、179円95付近、60分足の-2σのある179円80付近、ここを割り込んできたら170円65付近。

年末、週明けの月曜日ですので慎重にわかりやすくなったら攻めましょう!

 

こちらでもFXの情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx
【Twitter】スキャトレふうた ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

 

※このブログ内でも「FXトレードの基礎」について解説している記事があります。
https://fx-fuuta.com/category/fx-trade-mind/

 

 

 

【ポンド円、本日の予想レンジ】
上値ポイント180円35付近、180円50付近、180円60付近、180円70付近、180円90付近、181円00から05付近
下値ポイント180円20から18付近、180円05から00付近、179円95付近、179円80付近、179円65付近、179円50付近、179円30付近、179円20付近、179円05から00付近

 

 

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

 

 

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】 

 

【60分足チャート】

 

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学

平日17時からドル円とポンド円リアルトレードライブ配信をやっています。良かったら観に来てください!テクニカル分析を習得して一緒に頑張りましょ~!

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学のご視聴はこちら