ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月7日分)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 日足

【日足のトレンド目線】
上は10EMAと下はミドルラインを意識、上昇しても戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、109円55から60付近、109円70付近、109円80付近、110円00付近、110円20付近
下は、109円45付近、109円35付近、109円25付近、109円00付近、108円85付近

2、ドル円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
ダブルボトムを刻んで戻りを試す展開となるのか注目、横ばいから上目線

【意識したいポイント】
上は、109円55から60付近、109円80付近、109円90付近、110円00付近、110円10から15付近
下は、109円45付近、109円35付近、109円15付近、109円03から00付近、108円85付近

3、ドル円 本日の戦略まとめ

週明けのドル円は特に大きな窓を開ける事なく109円50付近からのスタート、一旦は下げてそこから戻りを試す展開となっています。

・日足では、10EMAの下からのスタートするも朝の戻りで10EMA付近に到達していますので、このまま10EMAのある109円60付近越えていければ、+1σのある109円70付近、109円80付近まで戻りを試す展開となりそうです。

日足では上は10EMAのある109円60付近と、下はミドルラインのある109円35付近を意識して、基本は上昇しても戻り売りに注意したいところで、本日はミドルライン付近でサポートされるのか注目しています。

・4時間足では、朝一の反発でこのままダブルボトムを刻んで戻りを試す展開となるのか注目、横ばいから上目線、ただ横ばいのミドルライン付近には10EMA がデッドクロスしていますので109円80付近では戻り売りに注意

東京時間は、週が明けて市場が変わったことで、一旦は戻りを試す展開になりそうですので横ばいから上目線。上は109円60付近を越えていければ109円75から80付近で戻り売りにが出るのか注目。

もし垂れてきて109円45付近を割り込んできたら109円35付近でサポートされるのか?もし反発が弱く109円35付近を割り込んできたら109円00付近までの下落に注意したいところです。


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

特になし

オーストラリアが休場

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

4、今までになかったインジケーター

【ワンポイントアドバイス】
時間軸毎の意識したいポイントで複数重なるところが熱い反転ポイントになりやすいので、その辺を意識してエントリーポイントを判断してみて下さい。

【負けない為に注意したいポイント】
・上位足でトレンドが発生したら逆張りはしないように注意
・じり下げ、じり上げになったら目標までは流れに逆らわない様に注意

他には市場、時間帯等の値動きの特徴も合わせて考えるといいかなと思います。

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを局面毎に使い分けて、他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

3年連続売り上げナンバー1

5、ポンド円 日足

【日足のトレンド目線】
金曜日に陰線が確定し本日は横ばいから下目線、上昇しても戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、155円25付近、155円40から45付近、155円55付近、155円65付近、155円80付近、156円00付近
下は、155円05から00付近、154円80付近、154円65付近、154円45付近、154円30付近、154円05から00付近

6、ポンド円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
ボリンジャーバンドの-2σ付近からの反発で横ばいから上目線、戻りを試す展開

【意識したいポイント】
上は、155円25付近、155円35付近、155円50から55付近、155円70から75付近、155円85付近
下は、155円05から00付近、154円85から80付近、154円65付近、154円45付近、154円20付近、154円05から00付近

7、ポンド円 本日の戦略まとめ

週明けのポンド円は窓開けは特になかったようですが一旦155円00付近まで売りが出てから既に反発して155円20付近まで戻りを試す展開となっています。

・日足では、朝の戻りを試す展開で陽線になっていますので、金曜日に陰線が確定し本日は横ばいから下目線ですが一旦はどこまで戻してくるのか注目、上昇してもポイントの155円25付近、155円40付近、155円55付近では戻り売りに注意したいところです。

・4時間足では、ボリンジャーバンドの-2σ付近からの反発でダブルボトムを形成しそうで横ばいから上目線、戻りを試す展開、ただミドルラインのある155円35付近には10EMAがデッドクロスしていますので戻り売りに注意、越えていけても上値が重くなりそうな感じです。

 

 

東京時間は、このまま戻りを試す展開になりそうですが、ポイントの155円35付近では戻り売りが出るのか注目、4時間足や60分足でもダブルボトムを刻んでいるので目先は押し目買い狙いで、155円35付近に到達しても戻り売りのショートは注意しておきたいところです。

もし4時間足、60分足のミドルラインを越えたとしても155円50から55付近、155円70から75付近では上値が重くなれば戻り売りに注意したいところです。

もし垂れてきて155円00付近で反発が弱く割り込んできたら下目線にシフトして戻り売り狙いで攻めたいところです。

東京時間は押し目買いで良さそうですが仲値(9:55)前後になって勢いが弱まってきたら念のため注意しましょう。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょ~宜しくお願い致します。

【3年連続売り上げナンバー1】
今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

8、YouTube スキャトレふうたFXちゃんねる

ドル円とポンド円この後の展開 ※平日17時以降にアップ予定

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★