ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(8月5日分)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 日足

【日足のトレンド目線】
横ばいから上目線で底堅い展開となりそうですが10EMAが抵抗線となりそうで上値が重いか!?

【意識したいポイント】
上は、109円50付近、109円65付近、109円75付近、109円90付近、110円00付近
下は、109円40付近、109円30付近、109円10付近、109円00付近、108円90付近

2、ドル円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
横ばいのレンジ

【意識したいポイント】
上は、109円50付近、109円65付近、109円70付近、109円80付近、110円00付近
下は、109円40付近、109円30付近、109円20付近、109円10から08付近、109円00付近、108円90付近

3、ドル円 本日の戦略まとめ

・日足では、昨日は昨晩の米国の7月ADP雇用統計は市場予想を下回り大きく下落していましたが、米7月ISM非製造業景況指数が予想以上に上昇したこと、クラリダFRB副議長の発言が2023年の利上げ開始を予想していることを明らかにすると長期金利は反転し、ドルの買い戻しに勢いがついた形となりました。

本日は、昨日下ひげ陽線をつけたことで底堅い展開にはなりそうですが、90日線と10EMAのある109円中盤付近まで戻してきたので、この付近では一旦は下落に注意しつつも押し目買いが継続するのか注目しています。

目線は横ばいから上目線ですが全体的にはまだ下降トレンド中でもあります。日足のポイント109円30付近、-2σのある109円08付近では底堅い展開となりそうですが、上は10EMAのある109円60付近が抵抗線となりそうで上値が重くなるのか!?

・4時間足では、横ばいのレンジをイメージしていて、昨日の上昇が継続するのか東京市場の反応を見てからになりそうですが、下はミドルラインと10EMAのある109円30付近、上は109円60から65付近の間の値動きを意識したいところです。

東京時間は、昨晩の上昇後に高止まりしているので、60分足の10EMAのある109円40付近でサポートされて上昇して109円60から65付近を越えていければ109円70付近まで。

60分足の10EMAのある109円40付近を割り込んできたら109円30付近でまずはサポートされて反発してくるのか注目、もし反発が弱い様であれば109円20付近、109円08付近までの下落に注意したいところです。

4時間足と60分足のMACDがゴールデンクロスしていますので、下位足で押し目買い狙いで攻めたいところです。


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

イギリス 20:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
英中銀資産買取プログラム規模
英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

☆3つではありませんが、21:30に米国の経済指標の発表がありますので念のため注意しましょう。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

4、今までになかったインジケーター

【ワンポイントアドバイス】
上位足のトレンドに合わせてエントリーするイメージで、上位足の水平線からの反転後のサインに合わせて、下位足で上位足と同じ方向のサインでエントリー!

トレード手法は様々ですが上位足のトレンドに合わせるよう意識します。レンジであれば上限下限付近でのサインに合わせてエントリー!オシレーターの確認も忘れずに~

【負けない為に注意したいポイント】
・上位足でトレンドが発生したら逆張りはしないように注意
・じり下げ、じり上げになったら目標までは流れに逆らわない様に注意

他には市場、時間帯等の値動きの特徴も合わせて考えるといいかなと思います。

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを局面毎に使い分けて、他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

3年連続売り上げナンバー1

5、ポンド円 日足

【日足のトレンド目線】
横ばいから上目線ですがすんなり上げれるのか微妙なところ…

【意識したいポイント】
上は、152円10から15付近、152円20から25付近、152円35から40付近、152円50付近、152円80付近
下は、152円00付近、151円90付近、151円75から70付近、151円55から50付近、151円35から30付近、151円25付近、151円05から00付近

6、ポンド円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
ミドルラインと10EMAでサポートされていれば横ばいから上目線、三角持ち合いを意識

【意識したいポイント】
上は、152円10から15付近、152円20から25付近、152円35から40付近、152円50付近
下は、152円05から00付近、151円90付近、151円75から70付近、151円55から50付近、151円40から35から30付近

7、ポンド円 本日の戦略まとめ

・日足では、昨日、NY市場が始まる時間帯に急落すると60分足の-2σのある151円中盤付近から反発、直近の高値を更新して抵抗線となっていた152円中盤付近まで上昇するもその後はじり下げ展開、今朝は152円00付近で推移しています。

本日は、日足のミドルラインをサポートに上昇してくるのか注目、ただすんなり上げれるのか微妙なところ…

昨晩の上昇の下げて半値戻し(フィボ50%)が152円00付近ですのでこの辺は良いサポートポイントになりそうな感じです。

上昇しても抵抗線のトレンドラインのある152円20から25付近を越えていけるか様子見、もし上値が重い展開で152円00付近を割り込んできたら151円75から70付近でサポートされるのか注目です。

・4時間足では、MACDがゴールデンクロスしていて、半値戻し付近(152円00付近)、ミドルラインと10EMAのある152円00付近でサポートされていれば横ばいから上目線

三角持ち合いの上限(152円25付近)下限(151円75付近)を意識したいところです。

 

東京時間は、昨晩の上昇後の下落でフィボナッチの50%、152円00付近をサポートに上昇してくるのか注目しています。

朝8時25分の時点だと5分足で安値を切り上げてきていますのでこのまま上昇してくるのか注目、ただ15分足のボリンジャーバンドがスクイーズしていますので、この後勢いがつくのか!?

4時間足、60分足でもミドルラインの上ですので、押し目買い狙いで攻めて、152円15から20付近がまずは抵抗線となりそうなので東京時間にここで上値が重くなるのか?もし高止まりが続けば152円35から40付近まで上昇してきそうです。

上値が重くなりそうですが今の時点だと売りにくい状況ではありますのでロングで攻める予定です。利確はコツコツの予定。

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

【3年連続売り上げナンバー1】
今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

8、YouTube スキャトレふうたFXちゃんねる

ドル円とポンド円この後の展開 ※平日17時以降にアップ予定

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★