【2024年7月8日】ドル円・ポンド円のテクニカル分析|本日の戦略とポイント【FX】

投資歴17年目のFXトレーダー

スキャトレふうた

Youtubeチャンネル登録者数8.1万人

プロフィール

トレーダー歴は株とFXで合わせて17年以上、専業トレーダー / Youtubeチャンネル登録者数8万人 / X(旧ツイッター)フォロワー数5.5万人 / FX雑誌のFX攻略.com に「スキャトレふうた」で執筆 / 大手FX会社のJFX、米雇用統計ライブやJFX主催のセミナー、テレビCMにも出演 / 2023年9月26日に「スキャトレふうたのFXバイブル」ぱる出版さんより発売

ドル円|本日の相場分析

日足予想

10EMAでサポートされていれば上目線

4時間足予想

横ばいから下目線も下げ渋れば

60分足予想

下降三角中、下げ渋っている感あり

ドル円|日足チャート

〇日足の方向性
本日は、10EMA(160円60付近)の上からのスタート、下げるにしても一旦は戻りを試す可能性もありますので10EMAの上なら上値ポイントまで戻りを試す展開、10EMAを下抜けしたら戻り売りで下値ポイントまで。

週末の米雇用統計が市場予想を若干上回ったのがどうか?朝の時点だと60分足が下げ渋っているので戻りを試すか?

〇日足の重要ポイント
上値ポイント:160円80付近、161円00付近、161円15から20付近、161円30付近
下値ポイント:160円60付近、160円30付近、160円05から00付近、159円80付近、159円50付近

ドル円|4時間足チャート

〇4時間足の方向性
ボリンジャーバンドと移動平均線が下向きになってきていますので「横ばいから下目線」戻り売りに注意したいところですが、まだ円安が継続中ですのであまり売り込まれない可能性もあります。

下げても-2σのある160円50付近、ただここまで下落すると日足の10EMAを割り込んでくる形となりますのであまり下げられない状況、日足が意識されているとなると160円60付近がかなり重要なサポートポイント!

〇4時間足の重要ポイント
上値ポイント:160円83付近、161円00付近、161円13付近、161円25付近、161円60付近
下値ポイント:160円50付近、160円30付近、160円15付近、159円95付近、159円70付近

ドル円|60分足チャート

〇60分足の方向性
ボリンジャーバンドと移動平均線が下向きでミドルラインの下で位置していれば「横ばいから下目線」ですが、ミドルラインの下に位置しているのに下げないことを考えると日足の10EMAが相当意識されているような気がしますので、東京勢次第ですが一旦は反発して上昇してくるのではないかなと考えています。

〇60分足の重要ポイント
上値ポイント:160円80から85付近、160円93付近、161円00から05付近、161円18から20付近
下値ポイント:160円64から60付近、160円50付近、160円38付近、160円30付近、160円15付近

ドル円|東京時間の戦略

ファンダメンタルズ予想

・米指標が弱まっているのでドル売り優勢の展開 ⇒ 米ISMの結果を受けて米FRBの利下げ期待が高まっているのも売り要因になっていた。

・米雇用統計は、市場予想(19万人)を少し上回り20,6万人の結果に一瞬下げるもその後は買いで反応、161円30付近まで上昇するもその後はじりじりと売られる展開、発表前の水準の160円70台で引けています。

・今後は米大統領選ではトランプさんが優位に立っていて、トランプさんが次期大統領になるとドル買いになると言われています。

・中東情勢問題での原油高が長期化すれば インフレ圧力で米FRBも利下げしにくくなる。

本日のドル円予想

本日は、日足の10EMAのある160円60付近でサポートされていれば素直に「横ばいから上目線」で戻りを試す展開、4時間足が横ばいから下目線よりで上昇しても上値ポイントでは戻り売りも出そうなのであくまでも戻りを試す展開をイメージ。

上昇しても上値ポイントでは戻り売りに警戒しておきたいところです。

60分足で下げ渋っているのも日足が意識されている感じもありますので・・・

160円65から60付近でサポートされていれば上目線よりで、160円80から83付近、次に160円93付近、161円00から05付近が上値ポイント!もし161円台にすんなり乗せてきたら161円15付近、週末の高値付近の161円25から30付近まで。

あと上昇しても上値が重く欧州時間以降にでも垂れてきたら10EMAを割り込む展開も想定しておきたいなと考えています。特にNY時間にそうなったら注意しておきましょう。NY時間は買いが多いので大丈夫かな!?

もし垂れてきて160円60付近を割り込んできたら売りに注意して、160円50付近、ここがまずは重要でサポートされるか様子見、反発がなければ下値ポイントまで。

上げても上値が重そうで、下げた時だけ売りが強まるのか注目!

ドル円・ポンド円の今週の相場分析動画(7月8日~) ⇒ https://youtu.be/_CkZDnTm4do

ドル円、本日の予想レンジ

上値ポイント

160円80から83付近、160円93付近、161円00から05付近、161円15付近、161円25から30付近

下値ポイント

160円60付近、160円50付近、160円38付近、160円30付近、160円15付近、160円05から00付近

~本日の重要経済指標~

重要度


7月8日(月)
重要経済指標は特になし

ふうた
ふうた

ポンド円は書いたら時間軸ごとに更新していきますね!9時までには全て書き終えます。

YouTubeチャンネル

YouTubeでも活動しています。YouTubeでは平日の17時にドル円・ポンド円の「リアルトレードライブ配信」をやっていますので、ぜひ観に来て下さい!ライブ配信のほかにも、トレード手法を解説した動画や、来週の相場分析などもおこなってます。

これからFXを始める方スキャルピングの始め方など初心者~中級者向けの動画も沢山あるので、お気軽にご視聴ください。

また、このブログでもトレード手法について解説した記事を書いています。あわせて参考にしてください。

私の書籍が発売されました!

ライターさんに頼まず、すべて私が執筆した全ページフルカラーの書籍(1,500円+税)です。トレードの基礎から応用、トレード手法まで私のノウハウをたくさん書きました。本が苦手な方にも読みやすいように工夫して書いていますので、ぜひお買い求めください。

スキャトレふうたの作成したインジケーター

応援やフォローお願いします

ポンド円|本日の相場分析

日足予想

調整中もまだ上目線継続

4時間足予想

上目線よりの横ばいのレンジ

60分足予想

三角持ち合いを上抜けするか?

ポンド円|日足チャート

〇日足の方向性
ボリンジャーバンドと移動平均線が上向き、買いが強く、かつ、上昇後も高止まりの状況、日足だとまだ「横ばいから上目線」継続。4時間足、60分足などを目先の判断に意識したいところです。

〇日足の重要ポイント
上値ポイント:205円90付近、206円00付近、206円16付近、206円45から50付近、207円00付近
下値ポイント:205円50付近、205円30付近、205円00付近、204円90付近、204円70付近

ポンド円|4時間足チャート

〇4時間足の方向性
ボリンジャーバンドと移動平均線が上向きですがスクイーズに向かっていますので若干レンジになりそうですので「横ばいのレンジ」を意識しつつ下げ渋っていれば上目線よりで考えて下値ポイントでは押し目買い狙いで攻めたいところです。

10EMA(205円70付近)とミドルライン(205円60付近)がサポートポイント!ここを割り込むと一旦は売りモードに注意!

〇4時間足の重要ポイント
上値ポイント:206円00付近、206円16付近、206円35付近、206円45付近、206円70付近
下値ポイント:205円70付近、205円60付近、205円40付近、205円18付近、205円05から00付近、204円70付近

ポンド円|60分足チャート

〇60分足の方向性
ボリンジャーバンドが上向きではありますがスクイーズに向かいそうで若干横ばいのレンジになりそうです。上昇しても上値が重そうで、下げても底堅そうなので判断に難しくなりそうです。

朝の時点だとミドルラインの上に位置していますのでミドルラインのある205円70付近でサポートされていれば上目線。三角持ち合いにもはまっていますので上限のある205円90付近から206円00付近をしっかり超えてきたら上目線で押し目買い狙い。

〇60分足の重要ポイント
上値ポイント:205円90付近、206円00から05付近、206円10付近、206円16付近、206円35付近、206円45付近
下値ポイント:205円70付近、205円45付近、205円30付近、205円20から15付近、205円00付近

ポンド円|東京時間の戦略

ふうた
ふうた

ポンド円は書いたら時間軸毎に更新していきますね!9時までには全て書き終えます。

本日のポンド円予想

本日は、朝の時点だとどちらにも行けそうで判断に迷っています。ポンド円自体は日足、4時間足、60分足でも「横ばいから上目線」よりなので下位足で押し目買いかなと考えていますが、ドル円が上値が重そうなのでそれに連動してして8時20分時点だとじり下げ展開になっています。

60分足のミドルライン、4時間足の10EMAのある205円75から70付近でサポートされていれば上目線で、下位足では押し目買い狙いで、上昇してきたら205円90付近、206円00付近、この辺まできたらあとは206円台に乗せていけるか注目で、206円08付近、206円15付近、206円33付近、206円45付近まで。

東京時間は上げてくれば上目線よりのレンジ、もし垂れてきて205円70付近を割り込むようだと205円中盤から205円前半での横ばいのレンジをイメージして攻めたいところです。

8時25分時点、ドル円が上値が重く垂れてきていますのでポンド円も目先は下かな?とりあえず様子見スタートでいきます。

では皆さん、今週もよろしくお願い致します。

ポンド円、本日の予想レンジ

上値ポイント

205円90付近、206円00付近、206円08付近、206円15付近、206円33付近、206円45付近

下値ポイント

205円70付近、205円45付近、205円30付近、205円20から15付近、205円00付近