【FX】ドル円とポンド円、絶好の反発ポイントを見極めろ(1月4日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【ドル円 日足チャート】

■日足だと、年明けからドル買い優勢で陽線が二本確定しています。全体的にはまだ下降トレンド中で、ファンダ的にもドル売りになる可能性もまだありますので、年末に売られた分の買い戻しが若干出ているのかなという状況

ただテクニカル的にみると抵抗線のトレンドラインや10EMA、ミドルラインも超えてきていますので目先は底堅くなる可能性もありますので難しい局面、本日は東京勢も入ってきますので8時半から9時の値動きを見てからでもいいかなと思います。

テクニカル的に素直に見ると日足だと「横ばいから上目線」より、ミドルラインのある143円00付近から142円95付近でサポートされるか注目。ミドルラインを割り込んできたら10EMAのある142円70から60付近、ここを割り込んできたら売りモード!

下値ポイントから上昇してきて143円20付近を超えてきたら143円40付近、143円80から90付近、押し目買いがどこまで続くか!?

 

 

【ドル円 4時間足チャート】

■4時間足だと、ボリンジャーバンドがエクスパンションして第三波の流れで+3σ付近まで到達後に上値が重くなり上ひげ陰線が確定していますので、今のローソク足は上昇しても+2σのある143円50付近までで、上値が重く陰線になる可能性を考えて攻めたいので「横ばいから下目線」より、素直に下げてきたら+1σと10EMAのある142円75から70付近が下値ポイント!

 

 

【ドル円 60分足チャート】

■60分足だと、上昇後は上値が重くじり下げ展開、10EMAの下に位置していますので目先は「横ばいから下目線」より、ミドルラインのある142円95から90付近でサポートされるか?割り込んできたら142円80付近、142円50付近が下値ポイント!

ミドルライン付近で反発して10EMAを超えてきてローソク足が確定したらまた買いが始まりそうです。

 

 

東京時間の戦略

ファンダメンタルズ予想 ⇒ 米消費者物価指数CPI 生産者物価指数PPI では 物価上昇率が年率ベースで目標の2%に戻った可能性が高いことを示唆 ⇒ FRBが目標としていたインフレ抑制も一旦ひと段落した形となり ⇒ 今後来年に向けて利下げの見通しが強まった形 ⇒ 年内は円高となり戻り売りが優勢

2024年は若干戻りを試し中で円安展開 ⇒ 月足も変わり若干戻してからどこで売りが再開するか模索する展開か!? ⇒ 年明けはドル買いの動きが優勢 ⇒ ドル円は143円台を回復している状況 ⇒ 米債利回りも上昇していて年末の下落に対しての反転の展開となっています。

 

・本日のドル円予想 ⇒ 米FRBが利下げ方向になるとのことで円高展開で年内は終了、年明けは若干ドル買いで円安展開、このままぐいぐいと上がるはずはないと考えています。

本日は東京勢もスタートで入ってきますので8時半から9時の状況を見て攻めたいところです。

日足だと横ばいから上目線よりですが、4時間足と60分足が「横ばいから下目線」よりになってきていますが、押し目買いが入る可能性も十分で下げ渋ってしまうとまた上昇に向かいそうなので、下値ポイント、ネックラインなどをしっかり意識して攻めたいところです。

下値ポイント、上値ポイントは下に記載しておきますね!今年もよろしくお願いいたします。

ポンド円は書いたらすぐにアップしてますね!9時までには間に合わせます。

 

※毎朝8時前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

 

 

【ドル円、本日の予想レンジ】
上値ポイント143円15から20付近、143円30付近、143円45から50付近、143円70から75付近、143円85から90付近、144円00付近
下値ポイント143円00付近、142円95から90付近、142円80付近、142円70付近、142円50から40付近、142円20付近、142円05から00付近

 

 

【本日の注目!重要経済指標】重要度☆☆☆

日本勢が新年度スタート
22:15 米国 12月ADP雇用統計
★2つですが18:30などに英国の指標があります。(PMI)
★2つですが22:30、23:45などに米国の指標があります。

 

 

■私の書籍が9月26日に発売されました!「億トレーダースキャトレふうたのFXバイブル

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら

 

 

2、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

3、ポンド円 本日の相場分析

【ポンド円 日足チャート】

■日足だと、年明けは上値が重く上ひげ陰線になりましたが昨日は切り返しの陽線が確定、抵抗線のトレンドライン、10EMA、ミドルラインを超えてきていますので素直に見れば「横ばいから上目線」より、ミドルラインのある181円15付近でサポートされるか?割り込んでも10EMAのある180円90付近でサポートされていれば上目線より。

4時間足を見ると上値が重そうなので上昇できるかは東京勢の勢い次第になりそうです。

上昇しても181円45から50付近で上値が重そうで、ここを超えてきたら昨日の高値の181円75付近、182円00付近まで。

 

【ポンド円 4時間足チャート】

■4時間足だと、ボリンジャーバンドがエクスパンションして上昇していますが前のローソク足が陰線になり今のローソク足は+2σのある181円50付近が抵抗線になりそうなので「横ばいから下目線」より、朝の時点だと日足のミドルラインのある181円15付近で下げ渋っていますが181円15付近を割り込んでくれば下がりやすくなりそうです。

注意が必要なのが11時のローソク足が切り替わりの時に陽線で確定していたら11時以降は再び買い優勢になる可能性がありますので慎重に!

 

 

【ポンド円 60分足チャート】

■60分足だと、8時台のローソク足が10EMAの上に位置していますので、10EMAのある181円20から15付近でサポートされていますので、181円15付近を割り込んできたら戻り売り狙いでミドルラインのある180円75付近まで。東京勢が入ってきても売りが出ず181円15付近でサポートされて上昇してきて181円35から40付近を超えてきたらまた買い優勢になる可能性が高まりそうです。

 

 

東京時間の戦略

※ポンド円は書き終えたらアップしますね!なるべく9時までには書き終えます。

・本日のポンド円予想 ⇒ 昨日の日足の切り返しが気になるところですが、本日は4時間足と60分足を優先して考えて「横ばいから下目線」よりで考えています。

ドル円も8時50分位から垂れてきていますので東京時間はドル円との連動性も考えてポンド円も戻り売り狙いで攻めたいところです。

日足のミドルラインのある181円15付近が重要ポイントでここを割り込んできたら181円00付近、日足の10EMAのある180円90付近、60分足のミドルラインのある180円80から75付近が下値ポイント!下値ポイントまで到達した際に反発具合を見てからその後は考えたいところです。

あと注意したいのがドル円の下値ポイントも意識しておいて、ドル円の下値ポイントまで到達して反転してきたらポンド円も反転してくるか様子を見て下さい。

上昇してきて181円35から40付近、ここを超えてきたらまた買い優勢になるか?次に4時間足の+2σのある181円50付近、ここまできたら11時にローソク足が変わった時に4時間足が陽線になっているか注目、なっていたら181円65付近、181円75付近、181円85付近、182円00付近まで。

9時になりましたがドル円も上値が重そうで戻り売り優勢みたいなのでこのまま10時、11時まで売りが継続するか注目です。

 

こちらでもFXの情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx
【Twitter】スキャトレふうた ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

 

※このブログ内でも「FXトレードの基礎」について解説している記事があります。
https://fx-fuuta.com/category/fx-trade-mind/

 

 

 

【ポンド円、本日の予想レンジ】
上値ポイント181円35から40付近、181円50付近、181円65付近、181円75付近、181円85付近、182円00付近
下値ポイント181円15付近、181円00付近、180円90付近、180円80から75付近、180円60から50付近、180円20付近、180円05から00付近、

 

 

では皆さん、2024年も毎日コツコツと頑張りましょ~今週も宜しくお願い致します。

 

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】 

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学

平日17時からドル円とポンド円リアルトレードライブ配信をやっています。良かったら観に来てください!テクニカル分析を習得して一緒に頑張りましょ~!

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学のご視聴はこちら