【FX】ドル円とポンド円、絶好の反発ポイントを見極めろ(1月9日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【ドル円 日足チャート】

■日足だと、昨日は上値が重く高値を切り下げて陰線が確定、本日は「横ばいから下目線」よりで下位足で戻り売り優勢になるか注目!

日足の下値ポイントは、ボリンジャーバンドの+1σのある144円15から10付近、144円00付近、基準線のある143円90付近、10EMAのある143円60から55付近、ミドルラインのある143円00付近が下値ポイント!

下落しても下げ渋ればレンジになる可能性を考えて攻めたいところです。

 

 

【ドル円 4時間足チャート】

■4時間足だと、ボリンジャーバンドがスクイーズ状態で前のローソク足が陽線になっていますが、-1σからの反発になっていて、かつ、10EMAがミドルラインをデッドクロスしていると考えると、10EMAとミドルラインが抵抗線(144円40付近)になっていれば「横ばいから下目線」よりで考えています。

144円00付近を割り込んできたら売りモードになりそうで、-2σのある143円30付近、143円10から00付近を目指す展開になるか様子見ですね!

 

 

【ドル円 60分足チャート】

■60分足だと、ボリンジャーバンドと移動平均線が若干下向きの状況で、三角持ち合いを少し上抜けしていますので三角持ち合いの上限のある144円前半でサポートされていれば上昇する可能性がありますが、4時間足、60分足ともに144円30から40付近に抵抗線がありますのでまだ上目線よりでは考えておらず若干「横ばいから下目線」より、4時間足を優先して考えています。

東京勢の反応を見てからでもいいかもですね!8時に売りがでています。

 

 

東京時間の戦略

ファンダメンタルズ予想 ⇒ 米雇用統計は非農業部門雇用者数変化が市場予想を大きく上回ったことでドル買いで反応 ⇒ 146円00付近では上値が重くその後は戻り売りに押される展開 ⇒上値では短期筋の利益確定売りが出ているらしい!?

24時からのISM非製造業景気指数は、市場予想を下回り ⇒ 早期利下げ期待が高まり143円後半までドルが売られる展開に ⇒ 急上昇後は急落の展開

今後は日銀のマイナス金利解除の時期も気になるところですが ⇒ やはり米FRBの利下げが早まるのかが注目材料 ⇒ アメリカの経済が悪化してくれば利下げ方向にシフトしやすくなり ⇒ ドルが売られて円高展開となっていき下降トレンドが継続! ⇒ 3月には利下げの可能性、ドル売り、下落の可能性が若干高めか!?

 

・本日のドル円予想 ⇒ 日足、4時間足では「横ばいから下目線」より、60分足が若干上昇する可能性がありますが4時間足と日足を優先して下目線で戻り売り狙いで攻めたいなと考えています。

8時に売りが出ていて少し反発もしていますがそのまま下落して144円を割り込んでくれたら流れ的にはやりやすくなりそうですが、、、

144円17から20付近が抵抗線になって垂れてきたら144円10付近、144円05から00付近、143円90付近、ここを割り込んできたら売りが優勢になりそうで、昨日の安値の143円70から65付近、日足の10EMAのある143円50付近、この辺で下げ渋るか様子見で反発が弱ければ143円35から30付近、143円20付近、143円05から00付近。

144円17から20付近を超えてきたら144円30付近、144円40から45付近、ここを超えてきたら戻りを試す展開になりそうで、144円60から65付近、144円80付近、144円90付近

8時半前ですが下げ渋ってしまっていますので144円15付近でショート入っていますが損切りになるか?もう少し様子見してみます。

 

ポンド円は書いたらすぐにアップしてますね!9時までには間に合わせます。

 

※毎朝8時前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

 

 

【ドル円、本日の予想レンジ】
上値ポイント144円17から20付近、144円30付近、144円40から45付近、144円60から65付近、144円80付近、144円90付近
下値ポイント144円10付近、144円05から00付近、143円90付近、143円70から65付近、143円50付近、143円35から30付近、143円20付近、143円05から00付近

 

【本日の注目!重要経済指標】重要度☆☆☆

1月9日(火)
特になし
☆2つですが22:30に米国の指標があります。(貿易収支)

 

 

■私の書籍が9月26日に発売されました!「億トレーダースキャトレふうたのFXバイブル

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら

 

 

2、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

3、ポンド円 本日の相場分析

【ポンド円 日足チャート】

■日足だと、ポンド円は下げ渋りの感じ、金曜日の高値は更新できなかったですが下値では底堅く買いも入っていますので判断が難しいところ、まだ若干上目線よりになっていますがドル円との連動性を考えると買いづらい局面。素直に見れば「横ばいのレンジ」、東京時間に下げ渋っていたら欧州時間に昨日の高値の184円40付近を目指してくるか注目!

 

 

【ポンド円 4時間足チャート】

■4時間足だと、10EMAを割り込んで下落後にミドルラインまで下落せず反発しているので売りが弱い印象、朝の時点だと上向きの10EMAの上に位置していますので10EMAのある183円60付近でサポートされていれば「横ばいから上目線」より、ただ183円90から184円00付近では上値が重そうです。

 

 

【ポンド円 60分足チャート】

■60分足だと、ボリンジャーバンドが横ばいで安値を切り上げて上昇していますが183円90付近で上値が重い感じです。阿讃お時点だと10EMAの上に位置していますので「横ばいから上目線」よりですが、ドル円との連動性を考えると買いで攻めづらい感じです。

10EMAのある183円70から60付近を割り込んでくるとレンジになりそうです。

 

東京時間の戦略

※ポンド円は書き終えたらアップしますね!なるべく9時までには書き終えます。

・本日のポンド円予想 ⇒ 今日は方向性の判断が難しい感じです。日足、4時間足では底堅い印象で「横ばいから上目線」よりですが、東京時間はドル円との連動性が大きいのでそれを踏まえると「横ばいから下目線」よりかなと考えてしまいます。

ただドル円が下げてもポンド円はあまり下げない可能性もありますので値幅の状況もしっかり判断して攻めたいところで、下値ポイントで下げ渋って反発してきた時は流れに逆らわないように注意しておきましょう。

183円70から65付近、183円60付近を割り込んできたら183円40から35付近、183円20付近、183円10付近、183円00付近、この辺が下値ポイント!

上昇してきたら183円90付近、184円00付近、184円15付近、184円28から30付近、184円40付近が上値ポイント!ここまで上昇しても戻り売りがでなければ高値更新で184円50から55付近、184円80付近、185円00付近を目指す展開となりそうです。

8時45付近ですが、ドル円144円15で下げ渋って上がってきたのでポンド円も買いが強まってきていますので上目線よりになるのか?今日の東京時間は難しいのでやめておきます。

 

こちらでもFXの情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx
【Twitter】スキャトレふうた ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

 

※このブログ内でも「FXトレードの基礎」について解説している記事があります。
https://fx-fuuta.com/category/fx-trade-mind/

 

 

 

【ポンド円、本日の予想レンジ】
上値ポイント183円90付近、184円00付近、184円15付近、184円28から30付近、184円40付近、184円50から55付近、184円80付近、185円00付近
下値ポイント183円70から65付近、183円60付近、183円40から35付近、183円20付近、183円10付近、183円00付近

 

 

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

 

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】 

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学

平日17時からドル円とポンド円リアルトレードライブ配信をやっています。良かったら観に来てください!テクニカル分析を習得して一緒に頑張りましょ~!

 

【YouTube】スキャトレふうたFX大学のご視聴はこちら