【FX】ドル円とポンド円、絶好の反発ポイントを見極めろ(2月6日)

毎朝のチャート分析

1、ドル円 本日の相場分析

【ドル円 日足チャート】

■日足だと、昨日は上値が重い印象でしたが若干ドル買い優勢の展開、直近の高値の148円90付近を超えることができずにいますがダブルトップポイントでも陽線が確定して本日は高値を更新して149円台に乗せてくるか注目です。「横ばいから上目線」より。

日足のサポートポイントはボリンジャーバンドの+1σのある148円50付近、ここを割り込んだら「横ばいから下目線」よりにシフトして148円20付近、148円00付近までの下落に注意!

 

【ドル円 4時間足チャート】

■4時間足だと、ボリンジャーバンドと移動平均線が上向きで「横ばいから上目線」、高止まりの状況が続いていますのでそろそろ上昇して高値更新ができないと一旦は調整が入りそうな状況、もし下げてきたら+1σのある148円50付近、10EMAのある148円30付近を意識しておきたいところです。

 

【ドル円 60分足チャート】

■60分足だと、ボリンジャーバンドが若干上向きですが下げ渋ってはいますが上値が重そうなので「横ばいのレンジ」になるかなとみています。

レンジの上限が148円85から90付近、中間が148円55から50付近、下限が148円30から25付近

このポイントを意識してコツコツ取っていきたいところです。

 

東京時間の戦略

ファンダメンタルズ予想 ⇒ 米雇用が強いのでドル買い優勢が継続中も今後は日米の金利差縮小へ向かうのが根強くありますので上値も重く、材料で一喜一憂する展開!

 

・本日のドル円予想 ⇒ 日足だと高値更新するのか注目の局面、4時間足でも高止まりで朝の時点だと売りはし辛い状況ですが、60分足以下を見ると上値が重そうなので垂れてきそうなので個人的には若干「横ばいから下目線」よりでみています。ただ朝から戻り売りで攻める予定はなし

東京勢の反応を見て148円50付近でも反発が弱ければその後に戻り売りができるか考えて攻めたいところです。

経済イベントは特になしということはテクニカルが機能しやすい状況かなと考えています。若干ドル買い優勢も上値が重い状況で、ただ下げても底堅いと考えるとすんなり高値更新できないと「横ばいのレンジ」になる可能性が高そうですのでコツコツ取っていくのが無難そうです。※下値ポイント、上値ポイントは下に記載しておきますね!

あと本日下落して日足で陰線が確定すれば明日は下落に向かいそうなので重要な一日になるかなと思います。

 

ポンド円は書いたらすぐにアップしてますね!9時までには間に合わせます。

※毎朝8時前後に「ドル円とポンド円の東京時間の戦略」を音声にて配信中
【Voicy】 → https://voicy.jp/channel/3391

 

 

 

【ドル円、本日の予想レンジ】
上値ポイント148円70から72付近、148円77付近、148円85から90付近、149円00付近、149円10付近、149円30付近、149円45から50付近
下値ポイント148円60付近、148円55から50付近、148円35から30付近、148円25付近、148円10付近、148円00付近、147円75付近

 

【本日の注目!重要経済指標】重要度☆☆☆

12:30 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表

 

 

■私の書籍が9月26日に発売されました!「億トレーダースキャトレふうたのFXバイブル

 

スキャトレふうた「今までになかった」インジケーターはこちら

 

 

2、今までになかったインジケーター

3年連続売り上げナンバー1の実績

 

 

3、ポンド円 本日の相場分析

【ポンド円 日足チャート】

■日足だと、昨日は上値が重く戻り売り優勢の展開、欧州勢は買いで攻めてきて187円中盤まで上昇するも17時ライブ配信時が高値となり18時以降は戻り売り優勢で日足でも陰線が確定しています。

本日は「横ばいから下目線」より、若干戻せるスペースもありますので戻りを試す可能性もありますが、上昇しても10EMAがミドルラインをデッドクロスしてきていますので上値ポイントでは戻り売りに注意!

日足、4時間足の上値ポイント、186円60から70付近、186円90から187円00付近
日足の下値ポイント、186円20付近、186円00付近、185円60付近、185円25付近、185円00付近、184円85付近

 

 

【ポンド円 4時間足チャート】

■4時間足だと、ボリンジャーバンドが横ばいでレンジになりそうで、今朝の状況だと-1σのある186円15付近でサポートされていますのでまだ安値切り上げの可能性が残されているので戻りを試す可能性もあり、ただ上値には基準線が186円50付近、ミドルラインと10EMAが186円65から70付近にありますので抵抗線になりそうです。

ボイシーでもお話ししたように11時のローソク足が186円70付近の上で確定すると一旦は日足の上値ポイントまで戻りを試してきそうで三角持ち合いの展開、186円60から70付近が抵抗線になっていれば下目線で186円を割り込んでくるか注目です。

 

 

【ポンド円 60分足チャート】

■60分足だと、高値を切り下げて下落した後は戻り売り優勢で朝の時点だと安値保ち合いの状況、10EMAのある186円45から50付近が抵抗線になっていれば「横ばいから下目線」ですが、朝の時点だと下げ渋っているので東京勢の反応を見てそのまま下落に向かうのか?一旦は戻りを試すのか?見定めたいところです。

朝の時点だと仕込みづらいですね💦

 

東京時間の戦略

※ポンド円は書き終えたらアップしますね!なるべく9時までには書き終えます。

・本日のポンド円予想 ⇒ 日足が昨日崩れてしまいましたので全体的には「横ばいから下目線」で下位足では戻り売り狙いで攻めたいところですが、一旦は戻りを試してから上値ポイントまで向かってから下落に向かう可能性もありますので東京時間はドル円との連動性、東京勢の反応を見てから判断したいと考えています。

朝の時点だと15分足のボリンジャーバンドがスクイーズしていてレンジになっていますので、レンジの上限のある186円47から50付近、中間の186円35付近、下限のある186円25付近、186円15付近、このポイントは意識しておきましょう。

186円35付近が抵抗線になっていれば下目線で186円25付近、直近の安値の186円15付近、ここを割り込んできたら186円00付近、4時間足と60分足だとラウンドナンバー付近にサポートがないので割り込む可能性が高いのでロングは反発が弱ければ注意、185円90付近、185円80から75付近、4時間足の-2σのある185円55付近まで。

186円35付近を超えてきたら一旦は戻りを試す展開、186円45から47付近、186円50付近、186円65から70付近、この辺では戻り売りが出るか様子見、もし超えてきたら上値ポイントは下に記載しておきますね!!

8時42分時点だと若干下目線よりでそのまま下げそうな感じですね!今日は戻り売り大会になるか??

 

こちらでもFXの情報発信しております!
【YouTube】スキャトレふうたFX大学 ⇒  https://www.youtube.com/fuuta_fx
【X】※元Twitter ⇒ https://twitter.com/fuuta_fx_trader

※このブログ内でも「FXトレードの基礎」について解説している記事があります。
https://fx-fuuta.com/category/fx-trade-mind/

 

 

 

【ポンド円、本日の予想レンジ】
上値ポイント186円35付近、186円45から47付近、186円50付近、186円65から70付近、186円80付近、186円90から187円00付近
下値ポイント186円30付近、186円25から20付近、186円15付近、186円00付近、185円90付近、185円80から75付近、185円60から55付近、185円25付近、185円00付近、184円85付近

 

 

では皆さん、毎日コツコツと頑張りましょ~本日も宜しくお願い致します。

 

【3年連続売り上げナンバー1の実績】
スキャトレふうたインジケータ―【お得な4点セット】